【自宅でお花見】東京で買えるおすすめの桜餅3選

こんにちは、katori@xxbicottです。
コロナで宴会自粛が叫ばれ、今年は少し静かなお花見シーズンですね。
私は「桜餅を食べて家の中でお花見気分になるのもおつでは?」と先月ごろから桜餅を食べ漁っています。

お店によって形も味も違うので、目で見て癒され味わって癒され。
引きこもりながらもなかなか心が和んで良いなぁと思いました(*´ω`*)

ということで、今回は東京で買える個人的におすすめしたい桜餅をご紹介します!

長命寺と道明寺の違い

桜餅には大きく2つ種類があります。
いわゆる長命寺と道明寺と呼ばれるもので、違いはざっくりとこんな感じ。

関東風桜餅(長命寺)

  • 薄いピンク色のなめらかの餅に餡子が挟まっている
  • クレープのような生地が主流

関西風桜餅(道明寺)

  • 道明寺粉というもち米で餡子を包んでいる
  • ピンク色のツブツブとした見た目が特徴

私はどちらも好きなので、この記事では分けずにまとめてご紹介したいと思います。

たねや

百貨店などでお馴染みの老舗和菓子・たねや。
滋賀県創業、150年近くの歴史がある間違いのない名店です。

たねやの桜餅は薄紅色に染めた白小豆餡を道明寺で包んだものです。

感想
  • 甘さがくどくなく舌触りも良くて上品
  • 最初葉はしょっぱそうと思ってたけど意外にしょっぱくなくバランスが良かった
  • 綺麗なので目で見ても楽しめる。練り切りのような芸術的な印象

見た目も香りも味も全体的に上品なので、誰かへ桜餅をプレゼントするならこれだなぁという一品でした。
この桜餅、「春の餅(はるのもち)」という名前で草もちとセット販売してるんですが、この草もちも美味しいのでオススメ。
(草もちというかよもぎ饅頭って気もする)

たねや店舗 渋谷東急本店、日本橋高島屋店、日本橋三越店、銀座三越店、池袋西武店、新宿小田急店、渋谷東横のれん街店、玉川高島屋店など
URL: http://taneya.jp/shop/
さくら餅 販売期間: 2月15日~4月上旬
「春の餅」販売価格:
【2個入】 400円 / 【4個入】 800円 他
URL: https://taneya.jp/okashi/kisetsu/harunomochi.html

京菓子處 鼓月(こげつ)

「千寿せんべい」など京都の和菓子で有名な鼓月です。
こちらも百貨店ではお馴染みのお店。

ここの桜餅は京都のお店ながら関東風の長命寺が特徴。香りのいい伊豆の大島桜葉が使われています。

感想
  • 皮がふわふわもちもち
  • 餡の甘さと大島桜葉のしょっぱさのバランスがちょうどいい
  • 全体的に桜の香りや風味がしっかりある。桜感が強い

この商品、この間京都に行った時に出会って惚れ込んだんですが、公式サイトの商品一覧には乗ってない模様。

地域限定で東京じゃ買えなかったらどうしよう(((°Д°;)))

と最初不安なりつつも、半蔵門にある東京本店で無事買えました。
(多分桜餅の賞味期限が当日で、サイトの商品一覧がオンラインショップを兼ねてるから掲載してないだけなのかなぁと)

今のところ、我が家の桜餅ランキング1位!
「花すだれ」という関西風桜餅の道明寺羹も売ってるようなので次はこちらも食べてみたいところです。

鼓月店舗 東京本店、神楽坂鼓月店、東武池袋店、麻布十番店、三越日本橋店、目白店
URL: https://www.kogetsu.com/shop/
桜餅 販売期間: 〜4月中旬(店員さん曰く)
販売価格: 5個入り 1,080円(1個から購入可能)

荻野菓子店(おぎのかしてん)

千駄木の地で50年以上続く個人経営の和菓子屋さん。
小泉元首相も訪れた官邸御用達の名店です。

こちらは焼き団子が人気なんですが、長命寺桜餅もかなり美味しかった。

感想
  • 前述2店より餡はやや甘め
  • 葉の塩みもやや強め(これは去年より今年の方が強く感じた)だけどバランス取れていて美味しい
  • お茶と一緒に食べると最高。お茶と合う

日常的に和菓子を買うならここ!というお店です。
本当お茶と合うので、近くに行ったらつい寄ってしまう(*´艸`*)

昭和レトロな外装・内装に気さくに声をかけてくれるお店のおばさまも素敵です。

9時開店と早いんですが、開店してから順番に作って出しているとのこと。
先日9時半ごろに行った時は桜餅ときなこ餅だけ店頭に出ていて、他のものは作ってる最中とのことだったので、お目当のものがあるなら昼頃がいいのかも知れません。

荻野菓子店

所在地: 〒110-0001 東京都台東区谷中5丁目2−5
メトロ千代田線の千駄木駅から徒歩5分ほど

営業日・時間: 月・水~金・土・日・祝 09:00〜18:00

桜餅 販売期間: 〜4月中旬(店員さん曰く)
販売価格: 1個160円

さいごに


桜餅乾杯の図(鼓月)

桜餅を買い始めたのは冒頭に書いた通り思いつきだったんですが、こんなにも目や鼻、舌で季節を感じ楽しめるんだなぁとしみじみ思いました。

自宅なら少し良いお茶を出して一緒に楽しむのも贅沢ですね。
まだまだ桜餅シーズンなので、自宅でのお花見を引き続き楽しんでいこうと思いますヽ(*´∀`)ノ

以上、おすすめ桜餅のご紹介でした!