【初心者向け】ドメインとレンタルサーバーの基本・選び方

,

最近よくホームページをこれから作りたいという人から掲題について相談をいただきます。
せっかくなので、自分の中での整理も兼ねて、ドメインの名前の考え方や、個人的なおすすめドメイン・サーバー会社について、ホームページ初心者の方向けにまとめてみました。

こういう比較・おすすめ記事は巷でよくありますが、最初は混乱しやすいと思うので、知識を整理する一助になれば幸いです!

ホームページを公開するにはドメインとサーバーが必要

ホームページを公開するにあたって必要となるのが、ドメインとサーバーです。
ドメインがネット上の住所なら、サーバーは土地のようなもの。

これらは

  1. ドメイン、サーバーそれぞれ取得・契約を行う
  2. 「その住所はこの土地だよ!」という設定を行う(DNS設定)

この手順を踏むことで、初めてそのドメインで検索した時、自分のサイトを表示させることができます。

ドメインもサーバーも、期間限定だったり機能の制限・条件付き(広告表示など)で無料のものもありますが、企業サイトの場合や本格的なサイトを作りたい場合、広告の非表示・運用の安定性が求められるので、有料ものを選択することが多いです。

なので、まずはドメインとレンタルサーバーを契約しましょう。
ドメインとレンタルサーバーはそれぞれ多くのサービス・プランがあって最初は悩むと思うので、次の項目から契約するにあたり気にすべきポイントやおすすめのサービス・プランをご紹介していきます。

ドメインの選び方

ドメインは任意の文字列をつけることができます。
シンプルであればあるほど、人の記憶に残りやすい&アクセスが容易なため人気があります。同時期に同じドメインは使えないので、人気なドメインは値段が高く、競争が起きたりすることも。

ドメインを購入・契約できるサービスは複数ありますが、サービスごとの違いは扱っているドメインの数と、取得に関わる金額(手数料)の差と考えてもらえればいいと思います。

上記を踏まえて、ドメインに関しては、
(1)自分のサイトにふさわしいドメイン名を考える
(2)そのドメイン名をいい条件で契約できるドメインサービスを選ぶ
という流れで検討していくのがおすすめです。

それぞれ、次に詳しく書いていきます。

ドメイン名の考え方

ドメイン名は、ドメインが住所であることを踏まえて、ユーザが馴染みやすい、覚えやすいものがいいと言われています。

任意文字列の部分に関しては、

  • 会社の名前・事業にあったもの
  • ブログの内容に合ったもの
  • 関連のある文字列

等で決めることが多いでしょう。日本語も使えますが、英語の方が使い勝手は良いです。長さは10文字以下を目安にすると良いですね。

トップレベルドメインは決まっている文字列ですが、多くの種類の中から選べます。

トップレベルドメイン例)

.com 商取引事業者(企業)向け
.net インフラ向け
.biz ビジネス向け
.org 組織・団体向け
.jp 日本

参考)wikipedia

上記のようにそれぞれ意味がついているので、企業だと「.com」が人気、といった傾向があります。
ただそれによってサイトの評価やクオリティが変わるわけではありません。

とりあえずこの段階では任意の文字列だけ決めておいて、「example.●●●がいいな」という程度でイメージしておくといいと思います。

おすすめのドメインサービス

  1. ムームードメイン

  2. エックスドメイン

  3. お名前ドットコム

  4. バリュードメイン

  5. スタードメイン

特徴としては、

  • 取り扱っているドメインはお名前ドットコム、ムームードメインが多い
  • お名前ドットコムでは、whois情報の代行(※1)に手数料が掛かってしまうため、他のサイトに比べ割高
  • スタードメインにはメールは使えませんが、サーバーとセットで契約することで、無料でレンタルサーバーが3GB利用できる

※1 whois情報はそのドメインの所有者に関して公開されている情報。
ドメインに関する登録者名や登録年月日、有効期限(契約満了日)などが含まれており、個人サイトでは個人情報の流出を避けるため”代行”にすることで実質非公開にすることが多い。企業サイトの場合、信用を得るために代行せず情報を公開する企業もあれば、スパムメールを避けるため代行を選択する企業もある

選ぶドメインサービスによってドメインの評価が変わる訳ではありません。
それぞれのドメインサービスのホームページで望むドメインの情報が検索できるので、一度アクセスして確認してみてください。
先ほど決めた任意の文字列を入力して検索すると、トップドメインとの組み合わせが表示され、それが現在購入可能なのか、金額はいくらかを確認できます。

そこから納得できる組み合わせを選びましょう。

個人的には、金額面や管理画面の使いやすさからエックスドメイン、ムームードメインがオススメです。

レンタルサーバーの選び方

レンタルサーバーは、各レンタルサーバー会社によってサポート体制やプラン・料金が結構変わってくるので、予算に合う&希望のサポートをしてくれる会社からプランを選ぶ、というのが一番望ましいと思います。

あまり無いと思いますが、あまりにもメンテナンスの時間が長い・サーバーが頻繁に落ちる、等あまり評判がよく無いところは避けた方がいいでしょう。

また、各レンタルサーバー会社によって用意されているプランは異なります。大体プランによって使用可能な容量やどんな機能をどれくらい使えるか、というスペックで分かれています。

上記を踏まえて、サーバーに関しては、
(1)信頼できるレンタルサーバー会社か
(2)自分のサイトにちょうどいいプラン(スペックと金額)があるか
の2点からレンタルサーバ会社とプランを選ぶといいでしょう。

おすすめのレンタルサーバーとプラン

  1. ロリポップレンタルサーバー
    (おすすめプラン:ライト<月額250円〜>、スタンダード<月額500円〜>)
  2. エックスサーバー(おすすめプラン:X10(月額900円〜))

がっつりユーザ参加型のサイトやサービス(SNSやマッチングサイト等)だったり、大規模なサイトを作るのならスペックに拘った方が良いですが、一般的なWordPressのブログサイトや静的HTML&CSSサイトであれば安めのプランで十分です。

上記2つのレンタルサーバーは人気で運用面での安心感があり、個人的に管理画面がわかりやすいなぁと思うのでどちらもおすすめ。

特徴としては、

  • スタンダードプラン(ロリポップ)
    ビジネス向け。WordPressの高速化機能があり、エックスサーバーのX10より容量は小さめ・値段が安めなので、ビジネス用途だけどコストを抑えて試したい人向け。
  • ライトプラン(ロリポップ)
    WordPressが使用できて月額250円というコスパの良さ。個人でこじんまりしたサイトを作りたい人向け(WordPressを使わない人は、これより下のエコノミープランを選んでもいいかも)
  • X10プラン(エックスサーバー)
    ビジネス向け。エックスサーバーの最安プラン。他に比べて少し値段が張りますがそもそもスペックが高いため、複数サイトを作りたかったり、今は何が必要か分からないけど長期的に運用したかったりしたいという人向け。

ちなみにドメインサービスとレンタルサーバーサービスが同じ会社だったり、連携しているものだと値段が少し安くなったり設定が簡単だったりというメリットがある場合もあります。
今回だと、ムームードメインとロリポップエックスドメインとエックスサーバーで特典があったりするのでチェックすると良いでしょう。

まとめ

これまでの内容をまとめます。

大規模なサービスやサイトでは無く、とにかくwebサイトを作りたい!という人にはぞれぞれ次のサービス・プランがオススメです!

ドメイン エックスドメイン または ムームードメイン
サーバー

詳細な契約手順や機能の説明に関しては、それぞれの公式ページで初心者向けにわかりやすく書かれているのでそちらからご確認ください。

ドメイン・レンタルサーバーはWebサイト作成の第一歩です。
特にドメインは長い付き合いになることが多いものですので、しっかり考えて契約しましょう!

※ ドメイン・レンタルサーバーの情報は2019/5/31現在のものです。最新情報を確認の上ご検討ください。